学問・資格

没頭中

このところ、手話を置いておいて没頭していることがある。

HTMLを書く事。

没頭できるのだから好きなこと。
今、しっかりと書いておくことで、誰か違う人が書くときにでも楽になるのだろうか。
HTMLは、簡素っていうか、あまりいっぱいのタグを使わずに
スタイルシートをいっぱい使っているので、それは、正直、解析が必要かも。
へいちゃんも、何がどう作用してるのか、初めて見た時にはわからなかったのだ。
ど素人なんて、こんなもんよと、日々、これが、こうなってこうしてあるのねと。

そのスタイルシートの絶対値を変更したかったので、結構、大変だった。
今後、使わないかなという部分に関しては、変更しないでそのまま。
それから、自分でも絶対値にする必要があった場所には、絶対値は使っている。

元々、WEB上で公開されているサイトを直していたのだけど
前任者が、慌てんぼうさんで、折角、いっぱい文字を打ち込んでいたのに
タグを閉じるのを忘れいて、ずーーーっと表に出てこれなかった文字があった。
ちょっと笑ってしまったけど、前任者のスゴさをいっぱい確認できるHTMLでした。
良いところを残して、修正すべきは修正する。
迷ったところなんて、数知れず。

主観を入れずに直そうと思っていたので、なにか説明文を入れるときには
まずは、言葉の意味を調べてから、記載する。

もらった意見は本当に貴重だった。
一人で書いてると、それが、合ってるのか、どこが間違ってるのか鈍感になってくる。

見た目のデザインだけ、いや、中身のデザイン。
多分、サイトで重要なのは、中身のデザインだろう。
一番、苦手分野じゃないのよ。
そこは、お助け舟を出してくれた方によって、かなり修正が進んだ。

もういいかなーと終了宣言しようとしたところで、再び、貴重な意見をもらう。
やっと問題点が浮上してきたので、サクサク直せるようで直せないのが文字情報。
しかし、公開直前までは修正を繰り返すだろう。
だって、これでよし!って思えないんだもの。

そして、調べごとが増えたことで、たくさんの発見をした。
こんなにも、一生懸命にやってたのねという痕跡やら格闘していた痕跡やら。
ネットっていうのは、すごいね。
検索する言葉が、HITしていれば、いろんなことを拾ってくる。

そして、HTMLを書くにあたり、今回は、本を使用してない。
その何割も、ネットを活用した。
本当に便利な時代。ビバ常時接続。Wi-Fi。寝床で使える便利さ。

色々と勉強になっている。

はいけーーーーん致す

とっても気持ちの良い寒い朝。
でも、空はとっても晴れていたのね。

ご近所乗り合わせの上(笑)

学校公開って割といろんな学校でやってるんだね。
何しろへいちゃん、お子ちゃんがいないから
そういうものとは無縁に生きているのだね。

学校全体としての生徒数は、多くはない学校。
幼児部から高等部までありまして、校舎も大きくわかりにくい(笑)

手厚いという言い方が合ってるのかわからないのだけど
恐らく、情操教育に力を入れてるのかなという気がした。
生徒の個性を引き出しながら、授業はわかりやすく。
創造力を育てているというのだろうか。
まー学校公開という行事に合わせているにしても
生徒さんの創造力は豊かだなと思いました。

物を教えるというのが教育であるなら
それは、形ではなく受け取る側にしっかりと焦点を合わせるもの。
そういう教え方をしているのではないかなと。

生徒さんへの声掛けなどは禁止されていたし
そっと入って、見学してという感じで進んでいったのだが

幼児部では、さすがに子供たちの興味は
先生以外の大人。

そりゃーそうですよね。

ここでは、子供の興味がこちらに向いたら
多少のお返しをしながら、癒されながら見学。
最終的に、怪獣ごっこをすることになりましたが(笑)

ご意見をというアンケートがありましたが
一点だけ気になったことありました
それは、恐らく家族なら使う言葉であろうかというのもあり
書かずに来たけれど、帰ってきてからふっと。

家族ではないよな。教育をする場面だよな。
三つ子の魂百までもというのであれば
どうなのかという疑問もあるが、大人になるまでに
そんな風に家族のように接してもらった記憶というのも大事なのかと。

何を見たかったかというとね、実際に社会に出るまでの間
そこの生徒さんは、小さな幼児の時から高等部まで
その小さな社会で生きるわけで、そこで学ぶことが
社会に出てからも大きく影響するんだろうなというのを考えて
先生たちがどんな風に接したら、社会で生きる強さとか付くのかなと。

そこの卒業生と話したことが見てみたいというきっかけではあったのかな。

一緒に行った方もいたので、自由行動というわけにはいかなかったのだけど
一人一人の感想もあるということで、そこは自由で良いのかなと思います。

なんだかよく分からよね?
でも、あまり書くとあれなのと

風邪をひいたなりよ。

ちーん

おもしろすぎるべいべー

今日は、サークルの日。

なんだかみんな打ち解けて、教室の雰囲気がとっても良い。
そんな中で見つけた、はっけーんの話を。

先週まで気付かなかったというか
今日、サークルの名簿があるのですがそれを見てびっくり。

私の名前がちがーーーってる。

ぬぁんと


あけみちゃん

朱美ちゃんとなっているではないか。
全国の朱美ちゃんのみなさんごめんなさい。

えーーーー違うよ。ってか、どうやったら朱美ちゃんに間違うのだろう。
合ってるのは、美だけ。

そして、直ぐに浮かぶ日本エレキテル連合の未亡人、朱美ちゃん。

いやん、だめよーだめだめって冗談で言ってたらマジか!

けどねーへいちゃんは、直しませんでした。
だってー自分が朱美ちゃんの顔になったら想像したら笑えたんだもん。

しかも、今月は、来週はお盆休みだし
そのあとも、2週続けてお休みの予定なんです。
だから、マーいいかってな具合にしちゃいました。

それでは、みなさんご唱和ください。

だめよーだめだめ。


しゅわっちーーーきゃは

どうしてーいつも、私はーアホなタイトル。
はい、そうです、私が変なおばさんです。

いやー手話講座が終了いたしました。
長いようで短かった3ヶ月。

自己紹介から始まり、自分の名前、住んでる地域など
先生も教えるの大変だったと思います。

へいちゃんも、初心者ですから
手がぐーるぐーるしちゃってねー(笑)
もー肩こりまくり、頭使いすぎて頭痛の嵐。

でも、色々と考えなかったことや、自分で理解できてなかったことを
改めて考え直して、そういう機会をもらえたことは本当にありがたいと思っています。

障害のことや、聞こえない世界、はたまた、自分の心。
そういうものと、もう一度、向き合う必要もあったんだろうと思います。

まだまだ、手話ボキャブラリーが少ないため
日常会話にはなりませんが、それなりに思ってることを表現しようという

その体当たり的なところは、よしとしていきたいと。

手話をやりながら、話をして、更に頭で考えるって
死にそうなくらい、頭の中でうにうにします。

来週からは、サークルに入り、再度、勉強を始めます。

残念だったのは、一人だけ脱落しちゃったこと。
やっぱり一人でもかけちゃうと、さみしいものです。
連絡先も知らないし、同じ市内に住んでるんだから
いつかどこかで会えると思うから、その時に話ができたらいいなー。

ひとまずは、終了おめでとう>自分

あらよっと

手話の本

10年くらい前に、買ったはじめての手話って本です。
これだけは、ずっと本棚の飾りとして残していたんですが
このところ大活躍です。
先生に確認したんですが、今でも使えるから大丈夫よとのこと。

なんでしょう。自分で考えた文章を手話にしてみるという作業をしてみたんですが

30文字ほどの一行文章。

これを手話に変換するだけで、1時間経過しております。
なぜかというと、置き換えるって作業が発生していて

例えば「夢がある」って言葉も、恐らく夢だと寝てる時に見るものって思っちゃうのかなと思うと

「希望」に置き換える方がわかりやすいのかなとか考えている時間が長い。

ずっと転勤という言葉に悩んでいます。
これも、表現がいくつかあるらしくて、どれがスタンダードなのかわからないし
読み取ってもらいやすいのかもわからないしで、先生にも聞く機会を失っていて
ここ2ヶ月、ずっと迷い続けています。
講座の仲間の他にも、手話できる方もいるけど、なぜか聞けずにいます。

はやく聞けよーって思うでしょ?
でもね、これが、聞く人によって表現が違ったりするんだよね。
だとすると、いつか聞ける機会がやってくるだろうと思って我慢しちょります。

修了式で何か話せとか言ってたから、それを少しずつ考えておこうかなと思うのだけど
とにかく、手話のボキャブラリーが少ないので、わからないと調べる、置き換える、どれ?と迷う。

この繰り返しで(汗)

今まで教わったものすら、既に忘れているものも多数アリ。
この上、更に単語を増やすってものすごく脳内力使います。

講座で使うテキストは、63ページしかないんです。
文字がビッチリではないはずだけど、結構、書き込みも増えていて
自分で何を書いたのかすらわからない走り書きになっていたりします。

ある方は、習うより慣れろっておしゃっておりました。

が、やっぱり慣れろの機会は自分でも作っていかないとだなとも思っています。

いろんな事情とかは、サークルにはいらせてもらってから聞くにしても

鉄は熱いうちに打てではないけど、覚えたら使えということで

ルンバー

ビックなのかスモールなのか

しゅわーっち。

今日は、救急車の音がいっぱいします。
熱中症になりやすい湿度と気温だから
みなさま、お気をつけてくだされー

さて、しゅわっち教室は一回休んでしまいましたが
滞りなく進んでおります。
ちょっと先生が代わったので、慣れるまでの間が大変かもですが。
しゅわっちの世界は、聞こえる人も多いのですけど
なかなかしゅっちを日常会話用語として使っている人と
出会う機会が少ないみたいです(つまりは、ろう者)。
確かにって思う部分が多々あるのではありますけど。

先週、少し元気がないなーと思った方がいて
その方、今週はお休みだったりして
なんかちょっと心配しています。

なんでしょうね。
ろう者のしゅわっちは、早いので読めるかなーって思うことも多々あり。
動画などを拝見しておりましても、わかりやすいのではありますが
スピードは、やはりリズムミカルであります。

今年のろうあ者大会は、群馬で開催です。
二次募集が始まった時に、誘ってもらったんだけど
個人で行っていいものか悩んだので、断ってしまいました。
分科会は、なかなか興味のあるものではありましたが
残念だけど、また、いつかってことで。
群馬県でも、手話が言語として条例化されましたから
たくさんの人に周知されるとよいなと思います。

まずは、残りあと何回かをしっかりを通い切りますかね。

ケアマネ 勉強編

そういえば、ケアマネの勉強方法を書いておきたいと思います。

うっかりすっかり忘れていました。

先のタイトルにも書きましたが、今年は2度目。

去年、試験1ヶ月前から始めた。
仕事と家事の合間にテキストの要点をノートにまとめる。
3日くらい前になりようやくテキストが終わった。
過去問を少々やる。撃沈していた。

今年は2冊のテキストと、予想問題集。
テキスト1冊は、成美堂のね。私は、あれがわかりやすかった。

今年は、1ヶ月半前から始める。
去年やったことがあるところは、再確認的作業になった。
それプラス、国や県、市町村の役割(指定とかその他)を
表形式にして書き出し、暇なちょっとした時間とかに眺める。
それから、地域支援事業も同じように図形化?(四角を書いて矢印書いてってやつ)
あれを、眺めておく。

医療については、仕事で慣れていたせいもありますが
今年は、うんうんそうなのかと読めました。
それから、利用者さんが思い浮かんでくるので
その症状や薬などを思い出しながら、なるほどという感じもありました。
なので、支援ほどは力は入れてなかったのですが、
それでも、表形式に書き出して眺めたりしました。
ノートに要点をまとめることと、別に表形式にするということを含めると
2度は、書き出すという作業をやっています。

ここまでで、試験10日前になる。
ここからは、過去問と予想問題集(中央法規)をやる。
成美堂ではない方のテキストにも、過去問が載っていて
それらの解説もあり、法改正も詳しく載っていた。
説明の後に、過去問が出てくるので見やすくて
調べやすかったです。それを2回やりました。
あとは、ひたすら中央法規の奴です。
最初は普通に解いて、間違えたところを調べて書き出す。
そのあとは、問題をばらして、一問ずつ合ってるのか、間違ってる箇所はどの部分で
正しいことは何かを考えて調べてノートに書き出す。
中央法規の問題集は、3回から4回はやったかな。
このあたり問題を解く際には、ノートではなくA4用紙を使い
回答と調べてノートに書き出すものを並べて書くと
机の上は、テキストとノート用紙でいっぱいになります。
ついでに、手の届くところにPCを配置してネットで検索することもありました。

プラス。去年、試験のあとから○野サイトで問題を解いてました。
夏くらいから仕事のお昼休みとか、出先で待ち時間などがあると解いたり
それでおよそ700問ほど解きました。

土日は家人がいるので、勉強は出来ないことが多く。というか、してない。
なので平日のみに限られていました。
契約も9月の中に終わり家にいられる状態だったのですが
午前中は家のことが終わってから、1時間に一度休憩を挟んでやる。
お昼はしっかり食べてテレビをみて(笑)午後も同じように一時間に一度休憩を挟む。
そんな感じでまったく勉強しない日もあれば、5時間くらいやってみたりと
一定の時間を掛けていたわけではありません。

これから受ける人は、基本テキストを買ったほうが良いと思います。
試験の問題で始めてみる言葉とかあったりしてびっくりしちゃうよみたいな。
けど、これら、基本テキストには載ってるらしいです。
結構高いから躊躇しちゃうけど、テキストやら問題集やら買ったら同じだしね。

私は、今年6000円超くらい使いました。
プラスノート代かな(2冊)

覚えるというと難しいです。

そういえば、介護福祉士の時、大寝坊かましたけど
今回も有ったんですよね。

トイレの水を給水タンクに入れるあの管?
それが、その数日前から水がピューっと出たり
収まったりとしていたんですが、出かけるちょっと前に
トイレを済ませておこうと入ると、思い切って上に放水。
どうにしても止まらなくて、外で水道を止めた。
あと10分で友達が迎えに来るぞ。
おおおおおお!夫ちゃんに、あとを頼んで
またもやトイレに行きたくなり、近所のコンビニに走る。
帰ってくると友達も到着なんてことがあり
風邪を引いていたのにマスクも忘れてしまいました。
やっぱりこういう試験とかのときは、何か起こらないと受からない法則なのかも。

上記、勉強方法は書いたけれど
正直、しっかり覚えて試験に望んだわけではありません。

わかるわかるって問題なんてそう多くはありませんでした。
ただ、消去法を使ったりしたんです。
これは、こうだから違うバツみたいに。
五択全てわかるわけではなく、そんな感じで運ですよね。
鉛筆を転がすのとさして変わりなし。
例題問題だけは外さないようにしっかりと。
それから、マークシートの見直しだけはしっかりしました。
受験番号と、自分が選んだ番号は。
それで、最後に受験番号をマークはしたけど書いてなかったので
受験番号を書いたら、終わりっていうすごさ(笑)

あと、出来たら今年の医療、26問目は目を通しておいてください。
正解率が低い(○野サイトでは、ほぼ不正解で正解率出せなかったそうです)
そういう え?的な問題が出たりします。
現場にいたって知らないようなことですから。

今年は、法改正の内容
定期巡回、随時対応型訪問介護看護ということばが
何度か出てきています。

来年の予想はできないけれど
過去問である程度の傾向は知ることができるかなと思います。

来年こそはと思っている方ばかりでしょうけど

他人の勉強してないよという言葉に惑わされず
マイペースに勉強をされてください。

それでは、ケアマネ 合格でいらした方向けです。

つーか、本当にあんだけのこと全部覚えられたらすごいんだけどな。
とりあえず強運の持ち主だったということで

介護福祉士の時は、友達の合格鉛筆で受験して合格。
それをつなげて、そのあと二人合格してます。
まだ、つないでいるのか知りませんがね。
身近に合格された方がいらしたら、テキストより
鉛筆もらってください。そのほうがゲン担ぎになりますぞ。
あ!私のでよろしければ差し上げますが
先着1名様限りです。プロフからメールくださいませ。

追記-------
鉛筆ですが、お譲りする方が決まりました。
来年の健闘を祈っておりマッスル。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ