美容・コスメ

ハンドメイド

女性のみなさんて、お化粧品に年間いくらくらい使ってるんだろう?
良くテレビだと月に3000円とか5000円とか出てくる。

へいちゃん、もう10年以上前だけど顔にとても悩みがあったんですよね。

小鼻の横の皮がいつも剥けてしまって痛い。
これが、何をしても治らないとか。
もともと、ちょっと肌が弱くてどうしたもんだとか思っていた。

そんなときに、テレビで手作りの化粧水のことをやっていた。
駄目もとだと思って、同じものを作り付け始めたら
なんとその皮むけが治った。

以来、ずーーーと同じ化粧水を作り使っている。

材料代、わずか800円ほど。
それで、1年以上は買わないで居られる。
作ったものは、冷蔵庫保存なのですが
原液を薄めてつくるので、一度原液を作れば
半年くらいは、もつし何より腐らない。
それを、10倍に薄めて使うのも持つ理由かな。

んで、ここ1年チョイは、石鹸も手作りしている。

石鹸というと苛性ソーダで作るイメージが強いかもしれないけど
へいちゃんが使うのは、自然素材でできた石鹸を練り練りするのです。
その中に、好きなこれまた自然成分を放り込み練り練りするので
一度作ると1カ月くらいは持つし、泡立ちが良いので洗った後の気分爽快は凄い。
そして、この石鹸の中には食用にも出来るオリーブオイル入れているから
つっぱりなんて全くない石鹸で洗えば顔はしっとりするのにすっきりする。

さて、それが高じてハーブの栽培も初めてみた。

ローズマリー、ローズゼラニウム、ジャーマンカモミール。
他にも色々と植物があったりするので、正直、ベランダはいっぱいいっぱい。
けど、これを栽培して自分で抽出すればそれこそ自然いっぱいで
石鹸も化粧水も作れるので良いかなと思いつつも
ハーブ栽培が、うまくいくかは微妙なところである。
昨年も、ちょっと栽培したのだけど枯れてしまったので(-_-;)

写真はなーし。

しかし、ハンドメイドって楽しいですな。って話でした。

うぅぅぅ・・折角、落としたのに・・

今日は、仕事の後に下着屋さんへ行った。

つい、さっき帰ってきたので3時間くらいいたのかな(笑)

そこで知る自分のほんとの姿・・・・・(T^T)くぅ-

へいぽーは、胸が小さくなりたいと願いつつきた。
お店でも言われたけど、普通は逆ですよ。

胸を大きくして、足を細くしたい。

へいぽーさんは、胸は小さく足は太くでしょ?
どんだけうらやましい悩みだと思いますか?

はいはい、、、わかりましたよ。

色んな下着を試着した。
もちろん、真っ裸ですごし
店員さんの魔術師ばりばりの手により
ボディーメイクが完成していくさまはすごいですよ。

サイズだけで言うとね、ウエストなんて5センチ細くなりましたからね。
見る見る、チチの高さは変わっていくし張りも出てくる。
どんだけ魔法の手なんだろうと思いながらなすがまま。。。。
お尻も2センチアップ~~~単に肉を動かしているだけでですよ。
プラス下着の力もありましたけど、5センチってドンだけ~

結果的には、チチは2カップ上が正しいカップということで
へいぽーちゃんは、泣く泣く新しいブラジャーを購入せずに

新デザインということでモニターすることにしました。
何度か通い、採寸とかをして無料でブラジャーを貰うのだ。

今、この気持ちを誰に一番、伝えたいですか?と聞かれたら

思わず・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うほ!大事な・・・

先日、夜勤明けの出来事でございます。

友人とランチの約束をしていたので、眠らずに出かけましたのよ。
んで、おいしいご飯を食べておいしいコーヒーを飲んで幸せいっぱい(うふ)

その日は、夕方から会議が入っており、時間的に家に帰る間がないことに気づき
そのまま日帰り温泉でヌクヌクhappy01

そして、会議へ出かけ一仕事をしてみたり・・・

家に帰り爆睡モード突入したのは夜も9時を過ぎたころ。

朝、目覚めて研修へ出かける準備を始めて気がづく。

化粧品が・・・・・・ねぇ~~~~~~~~weep

車も探しました、職場にないか聞きました。
温泉にも聞きました。

どこにもありません。。。。。。。。。

悔んでも悔みきれない鏡の顔(T^T)

仕方ないので、タイマイをはたいて買いなおしました。
でも、事情を説明するとポートとかもくれたので
すんごいうれしかったりしました。

化粧品をなくすのは、パンツをはき忘れるよりも悲しい出来事でした。

それ、重いだろうって話

昨日は、休みでねー前橋に出来た大きなショッピングセンターへ行った。
本当は、美容室に行くつもりだったのだけど、寒くて風邪でも引かぬようにと
途中で行く先を変更しただけの話なんですけどね。。。。。

まー特に欲しいものもないわけで・・・
でも、見ていたら必要なものがあったので買ったりしながら

ふっと化粧品屋さんの前で、店員さんに何かを貰った。

ついでに、ちょっとお化粧でもしていきませんか?

なんつって言われたもんだから、殆どしてなかったし暇だしーと
ついつい誘惑にのせられてお店の中へ入った。

その美容部員さんは、20歳くらいの若いおねーさん。
あれよあれよというまに、お顔のお手入れをしてくれて
いざ、化粧をするよという段階になって気がついた。

目がキラキラしているではないか。

うーん、へいぽーも面白がっておねーさんに任せることにした。
始めは普通におしろいをつけてくれた。。。。
あれを塗ってこれを塗って、ほーーーらいいでしょ?なんつって。

いざねーアイメイクに差し掛かった辺りから
へいぽーからは、面白がるそぶりは消えていく。

一体何層に重ねて塗るんだい!おねーさん。
その色は、キラキラしていて何色かわからんがのーー

まーいいや。任せておけば。

アイメイクだけで4色ほどを使いましてキレイな目になった。
そこまではねー普通の普通の化粧だった。キラキラを除けば。

アイラインをしましょーーーと、こってりとした真っ黒なライナーを引いた。

おいおい!なんだい?このキラキラしてるのは。
まーいいや、許容範囲だ!
おいおい!そんなことされちゃー困るなー
目の下には、ライナーは入れたくねーーー
でも、任せるって言っちゃっしなーーー
つーか、パンダ?

そして、ラストを飾るのはマスカラです。
グイングインにカーラーで巻き巻きされて
下地という奴を塗っただけでも重い。。。

さらに、伸びるというマスカラをしたら
ほーーーら!三輪明宏だってびっくりのまつげよ!

絶対、1センチ以上あるよなという長さになった。

その後の会話など覚えているはずもなかったけれど
おねーさんの一言だけは覚えています。

「面白かったでーーーーす!今日は、このまま誰かに見せに出かけてください!」

出かけるどころか、重くてしょーーーがねーよ!
どうしてくれんだお。この重さ!前かがみになりそうだっつーの。

その後は、まっすぐ家に帰ってきて真っ先に化粧を落とした。

あまりの重さに、その宝塚な顔を写真に収めるのを忘れた。
化粧を落とすのに15分掛かりました。

はじめてだよ!そんなに時間が掛かったのは。
桜塚やっくんだってびっくらこいちゃうよ!

普段は、本当にファンデを塗って眉毛をかいて終わり。
所要時間は、5分程度で出来上がる顔にしかしないのに。

化粧を落としたら友達から電話がきたから
出来事を話してみたら、大爆笑されたよ。
普段のへいぽーを知ってるだけに笑えるって。
写真を送れとか言ってるし。

たまには、女子ですからきれいにお化粧をするのはいいけれど
「ばけしょう」は、どうもダメっす。

マスカラとかライナーとか目が重くなるのは眠くなるから嫌だ。
よーーーくわかりました。

普段は、割と弱肌用の化粧品を使っているので
それに見合ったものを幾つか購入しました。
それは、化粧にあんだけ意欲を燃やしてくれたおねーさんへのお礼です。

いやはや、顔が重いって辛いね。
女ってキレイになる努力が必要だったんですね。ぐすん。

幾つ?

先日、まだまだ若い子が職場に配属になった。

その子が休みの日に、出勤してきた同僚が
「きのうねーー若い子が、へいぽーさんはお幾つなんですか?」
って、聞いてきたんだよーーという話になった。

ででで、わしは幾つだと答えたんだい。べいびー
答えによっては、首を食べるよーーー(笑)
しかも、あーた、あーたは私と一つしか年が違わないのよ。
さーさーさーさー答えなさいよ!
(さすが、大奥の会話である)

てな話になり、聞かれた同僚は恐らく

「えーーー幾つに見えるのー?」を連発したと思われ。(笑)

結果的に、本当の年齢を教えたんだそうです。

はいはいはいはい。わちは、どうせ37歳ですよ!
どうせどうせ、苦労もしてないようなバカ造ですよ!と言っておいた。

なんでかわからないのだけど、利用者さんからも若く見られて
30過ぎに見られることは稀である。
まー若く見られることはいいことなんだけど
実年齢をかけ離れてきたのは、ある種、若いながらにお年寄り現象じゃないの?
まるで、認知症の人たちが年齢が退行していくように若くなってない?

どうする!へいぽー 見たいな感じ。

その若い子に、久しぶりに勤務が一緒になり逢ったので聞いてみた。
なんか、わちの年齢がわからなくて聞いたらしいねーーー

でねーその子が、凄い驚いた顔してね
本当に年齢聞いて、びっくりしちゃいましたーーーー!
おい!そこまで激しく驚かないでもええじゃないの。
つーか、確かに ちみとは一回りも歳が違うよ。
そりゃー身長だって体つきだって違うよ。
けどねー歳の取り方は、同じだけ進んでるんだよ。
一年に1歳しか歳は取らんのよ。

けどねー余りにも可愛いから許した。

だってねー家の職場ってA型がいないんです。
今まで、へいぽーがたった一人でA型だったんです。
若い子もA型なんですけど、やっと仲間が増えたんです。
嬉しいじゃないですかーな・か・ま!
日本じゃA型が一番多いらしいけれど、家の職場では貴重な種です。
大事に大切に育てないとね。。。。。

まー年齢びっくり事件は許してあげます。

スカート

たまには、楽しい話でも参りませう。

あたいは、スカートが嫌いだった。
だってね、寒いから。

でもね、若い頃はスカートしか履かなかった。
ズボンなんて履くわけないじゃないって女の子。

それがいつしか、ズボンの暖かさと動きやすさを知り
ふと気がつけば、タンスの中には山とあるズボンばかりで
スカートなどスーツのスカートくらいしかなくなっていった。

ところですよ。
あたい痩せてしまいましたの。
もちろん、そいは嬉しいことでもありんすが
わち。。。足が細いのです。
足と言うよりも腰がない。
おけつなど、肉がなさ過ぎて座ってると痛くなるし
褥瘡出来そうだと毎日毎日言い続けていた。
ある意味、すげーバランスが悪い体つき。
鏡に映る自分が大嫌いなのだ。

ある日、気に入ってズボンの上に履いていたスカートを
スカートだけにして履いてみた。
鏡に映る自分を見ると、あれーーー足の細いのわかねーじゃんか。。

おおおお!スカート効果ですか。

てなわけで、それからスカートを買うようになりました。
もちろん、普段はズボンが好きなのでズボンだけど
お休みで出かけるときには、スカートを履くようになった。

珍しいなー女の子らしい格好してるじょ(笑)
自分でも思うんだから凄い珍しいのら。

でもねでもね、スカートを履くと少し気分が変わるのれす。
何となく乙女チックに妄想に拍車がかかるのじゃ。
妄想世界の王子様に出会うまで乙女チックに磨きを掛けなくちゃ。

今日は、紫チックなスカートを初おろししたのですじゃ。
難しい色かなと思ったけれど、履いてみると割りと映える色でした。

乙女の心を呼び戻すには、乙女チックな気分にひたらにゃーなのね。
早く妄想世界へ引っ越し完了しなくちゃね。

今度、スカート姿を披露しようではないかーーーみたくねーってね。(笑)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ